たるみは顔の形によって出方が異なる

たるみはしわと同じように、肌の老化が主な原因です。
コラーゲンが変質したり、コラーゲンの間をつなぐ働きをもつエラスチンという成分が減少してしまうことで肌を維持する機能が低下してしまいます。
これにより肌の老化が起こり、しわやたるみの原因になりますが、顔の形によってどのように現れるのかは個人差があります。
一つ目に考えられるのは毛穴が開いてしまうことで起こるたるみです。
毛穴が開く状態はは初期症状とも言えるもので、毛穴がたるんでいることに違和感を覚え、毛穴のたるみがきっかけでたるみに悩んだ人は少なからずいます。
毛穴がたるんでいく原因はやはり加齢です。
10代~20代くらいだと毛穴が引き締まった状態が続き、全く気になりませんが40代になってくるとコラーゲンが減少してしまうので毛穴が気になってしまいます。
また、涙袋がたるんで見える原因は目の周りにある薄い皮膚が眼球、眼球の周りの脂肪に対し耐久しづらくなってくることからたるんでしまいます。
そのため、涙袋がどうしてもたるんで見えてしまうのです。
そして、よく言われるのが二十顎についてです。
実は、二十顎の原因は太ることで顔の脂肪が増加するからではありません。
たとえ太っていなくても、顔周りの皮膚が顔周りの脂肪の厚くなっている部分を支えきれない状態になっていると、どうしても二十顎になってしまいます。
脂肪がつく要因には栄養不足があり、一日三食を心がけていないと、脳が脂肪を増やす信号を出してしまうのです。
よって、十分な食事で二十顎を防ぐのも過言ではないでしょう。
他にも、たるみが原因でしわと同じようなほうれい線が出来てしまうこともあります。
ほうれい線は二十顎と似たような原理で、頬にある厚い脂肪を口周りの薄い皮膚が支えきらなくなることで生じます。
そのため、体の外から働きかけることで解決するのはとても難しいです。
解決するならば美容整形外科で相談し、内側から解決する必要があります。

たるみ防止はしわ予防と同時進行できる

たるみによる毛穴の開き、涙袋の問題、二十顎やほうれい線には、共通点として脂肪や周りの組織に対し、皮膚が耐えられなくなることが挙げられます。
皮膚が脂肪や回りの組織に耐えられなくなる原因はやはり、コラーゲンの老化です。
加齢によってコラーゲンも老化に近づいていってしまうので、これだけは仕方がないと思っている人も多いことでしょう。
しかし、しわと同じくコラーゲンの老化対策ができる化粧品があります。
コラーゲンの老化というのは、単純に言えばコラーゲンが減少していくことです。
逆に、コラーゲンを増やせればたるみもしわも同時に防ぐことができます。
コラーゲンを含む食材には鶏肉などが挙げられます。
鶏肉は、動物の肉の中でもとてもヘルシーな肉で用途も多彩です。
例えば、サラダに鶏ささみを加えたり、コラーゲンが多そうな鶏鍋にしたりすることで体の内側から美肌効果を得られると思います。
また、コラーゲンを含む美容液はスーパーやドラッグストアで販売されているので、美容液で体の外側から補うのも良いでしょう。
ただし、コラーゲンは「善玉コラーゲン」と「悪玉コラーゲン」の二種類が存在するので、コラーゲンを補う方法は慎重に選びましょう。
実際にコラーゲンを直接増やす方法以外にも、間接的に増やす方法もあります。
それは、コラーゲンの生成を助ける働きをもつ成分を摂取することです。
ビタミンCやレチノールなどの成分は化粧品にも含まれていますが、ビタミンCは食べ物からも摂取できるのでおススメです。
ビタミンCが含まれている食べ物で代表的なものは柑橘類です。
特に秋から冬になるとみかんが美味しく感じる季節になります。
焼き魚のお供にゆずを使うのもいいですし、蜂蜜レモンもおススメです。
ちなみに、たるみやしわは改善するのが困難なので、早いうちに予防しましょう。

顔をマッサージして肌を活性化させる

たるみの原因の中には、皮膚の下にある脂肪細胞の大きな成長やむくみも含みます。
そんな中で、顔を運動させる方法なんてなかなか思いつきません。
そこで、顔をマッサージすることで血行を改善することがおススメです。
マッサージと言えば主にむくみ改善に効果的な方法ですが、たるみ防止にも役立ちます。
マッサージを行うことで皮膚を強化することができ、皮膚が弱くなって生じるたるみを防ぐことができます。
しかも、血行を改善することでむくみや皮下脂肪の増加を防ぐことができるので、結果的に肌がたるみにくくなります。