異なるにきびの要因

にきびができたことなんて全然無いという人はほとんどいません。
にきびは肌トラブルの代表格と言えるほど、誰もが一度は悩むものです。
その要因は未だに謎ですが、にきび解消にはにきびができる原因とでき方を知っておく必要があります。
にきびの原因は皮脂だと考える人は多いと思いますが、これが正しい原因とは言えません。
例えば、乾燥肌に悩んでいる人はどうでしょうか。
皮脂の多いとされるTゾーンにはにきびができないのに、乾燥した場所ににきびができていたこともあります。
にきびができるときに起こる皮膚の変化には、毛穴周りの角質が厚くなり、それによって毛穴が塞がれることもあります。
毛穴が塞がれると皮脂が多くなり、アクネ菌が増殖してしまうのです。
つまり、皮脂はアクネ菌の餌となり、アクネ菌が繁殖し易くなります。
アクネ菌が増殖し続けると肌が炎症を起こし、にきびができあがってしまいます。
しかも、毛穴のつまりには肌の質は関係ありません。
脂性肌であろうが、乾燥肌であろうが、毛穴が詰まってしまうと誰でもにきびができてしまいます。
アクネ菌が原因なら、除去してしまえばいいと考える人が多いと思います。
しかし、残念なことにアクネ菌は人間の肌に普通にいる菌であるため、完全に除去することは不可能です。
アクネ菌そのものは悪い菌ではなく、肌のバランスを整えるのにはどうしても必要なので、退治すれば解決するようなことはありません。
では、にきびの原因がアクネ菌以外にあるとしたらそれは何でしょうか。
にきびの原因の一つに挙げられているのは、ホルモンなどの体内バランスの乱れです。
睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどの様々な要因が、体内の微妙なバランスを崩してしまうのです。
体内のバランスが崩れてしまうと、免疫力や肌の新陳代謝の低下につながり、結果としてにきびができ易くなってしまいます。
このように、にきびができる要因は様々で、人によっては異なるものでありながら、複雑すぎるため特定することが難しいものです。
場合によっては肌のお手入れをしてもにきびがひどい人もいます。
解決の近道の一つには皮膚科を受診することもあるので、一人で悩まずに専門家へ相談することも大切です。

普通にきびと大人にきびは別物

普通にきびというのは、主に思春期にできるにきびのことです。
かつて、にきびは思春期特有のものとされていましたが、20歳以上にもにきびができます。
20歳以上でできるにきびを「大人にきび」と言い、普通にきびより厄介なイメージが強いにきびです。
もちろん、普通にきびと大人にきびは別物です。
大人にきびのでき易い場所は主に顎で、普通にきびとは違って痕跡が残り易いにきびです。
寝不足やストレスといった生活習慣によって悪くなり易いのが大人にきびの最大の特徴です。
食生活も重要になってきますが、大人にきびは睡眠が大きく関わってくるため、睡眠不足が大人にきびにもたらす影響も大きくなります。
大人にきびの原因は生活習慣にあるので、改善策としては生活習慣を見直し、肌によくないことをやめることが大切です。

にきびはいきなりできるものでは無い

にきびはいきなり肌にできるものではありません。
にきびができる前から肌は変化しているので、いきなりできたように見えていきなりできたものではなく、その元をたどると前からできていたものなのです。
では、どのようににきびができてしまうのでしょうか。
最初に、肌の内部で炎症が起こります。
その炎症が大きくなっていくと、内部にとどめることが難しくなってしまいます。
そうなると、肌の内部で起こった炎症が表面に出てきてしまい、にきびになってしまうのです。
このように、突然にきびができたように見えていても、元をたどれば肌の内部で起こった炎症にあります。
にきび対策としては、肌の内部に炎症が起きているときにしっかりとお手入れをすることが大切です。
表面に出てから治そうとすると必ず苦労してしまうので、そうなる前にするとにきびを予防することができます。