眠っているときに肌や体は成長・回復を行う

肌を内側から綺麗にするなら食べ物が思い浮かびますが、食事以上に睡眠が大切になってくるのです。
例えば、子供が牛乳や乳製品を摂ってカルシウムを補うよりも、十分な睡眠時間をとる方が、身長はより伸びやすくなります。
同様に肌にとっても、栄養よりも睡眠が美容と健康に大きな影響を与えます。
まず、睡眠には体を回復させる効果があります。
睡眠をとることで、ずっと動きっぱなしの脳を休ませることができます。
逆に、脳が動いていると血液は脳に集まっていくので、肌などの体の細部に回る血液が少なくなってしまうのです。
脳を休ませることができれば、血液が体の細部にも回るようになり、必要な栄養が肌にも届くようになります。
血液によって運ばれた栄養が、知らない間に消費したり、損傷してしまった細胞を修復したりするため、体を回復させることができます。
また、眠っているときに分泌される成長ホルモンは、肌や体の各部の組織を修復させる効果があります。
しかし、肌や体の組織の回復には6時間睡眠をとる必要があります。
十分な睡眠をとれないと、肌が完全に回復できず、肌荒れなどの肌トラブルを起こしてしまいます。
このように、眠っているときに肌や体は回復、修復を行うので、睡眠が美容と健康には大切になってくるのです。

美肌のためには早く寝ること

美肌にいいとされている時間は22時から深夜2時とされていて、この時間を「ゴールデンタイム」と呼ばれています。
これは、最も成長ホルモンが分泌され易い時間で、原始時代では人間の本能としてこの時間帯に眠っていたとされています。
美容を気にする人は、この時間に間に合うように睡眠をとることを出来る限り心がけていると思います。
しかし、最近では面白いテレビ番組が19時から深夜1時までの間に放送されている影響や、帰宅時間が遅くなったりすることで、早く眠れない女性が多いです。
無理に22時までに眠るようにとは言いませんが、少なくとも深夜0時~1時の間に寝ることを心がけましょう。
また、美肌のために寝ると決めた時間より後にやることがあれば、それぞれ対策をとって、安心して眠れるようにすると良いです。
見たかったテレビ番組があれば録画をし、帰宅時間が遅くなりそうな場合は、帰ってすぐに肌のお手入れや寝る支度ができるように準備してから外出するようにすると安心です。

睡眠の質を上げるには

睡眠に大切なのは時間だけではありません。
食材や成分のように、睡眠にも質があります。
睡眠を開始してから三時間ほどは成長ホルモンの分泌が盛んになります。
この三時間の間の睡眠の質が大切になります。
しかし、睡眠の質を上げるには準備が必要です。
まず、パソコンやスマートフォンはブルーライトという脳を活性化させる強い光を放っているので、寝る前にはなるべく見ないようにしましょう。
また、寝る予定の一時間前には消灯すると良いでしょう。
眠りにつく一時間前に明かりが消えると、良質な睡眠をもたらすホルモン、メラトニンが分泌され易くなるからです。
けれども、家族やご近所さんは自分よりも後に消灯するかもしれません。
そのため、時間や寝る部屋の場所によってはまだ外が明るいことが考えられるので、遮光カーテンで灯りを遮るのもおススメです。
できるだけ睡眠を妨げるものを排除して、安心して熟睡できる準備が大切になります。

睡眠のリズム

生活にリズムがあるように、睡眠にもリズムがあります。
睡眠のリズムによって深い眠りと浅い眠りがあり、深い眠りのことをノンレム睡眠、浅い眠りのことをレム睡眠と言います。
ノンレム睡眠とレム睡眠は大体一時間半ごとに切り替わります。
この二つの睡眠が切り替わるときに目が覚めると朝の目覚めが良いとされます。
一時間半ごとに切り替わるので、睡眠時間は一時間半の倍数になる六時間や七時間半になるように調節すると良いでしょう。