ストレスで起こる体の変化

肌荒れやにきびの原因の一つにストレスが該当することがあります。
しかし、本当に肌荒れやにきびの原因がストレスなのかは特定することがとても難しいです。
たとえ専門科であろうとも医者であろうとも原因の特定は困難で、本当にストレスが原因なのかは分かりません。
そもそも、人間の体はストレスを感じると交感神経を緊張させてしまうようになっています。
体の血液が頭に集まり、脳の動きを活性化させると、周りの状態を敏感に感じ取ってしまいます。
そのため、人間関係のトラブルなどでストレスを感じてしまうのです。
さらに、素早く動こうとするために心拍が上がってしまったり、高血圧にもなりかねません。
そのときに空腹になりやすくなり、頻繁に排泄したくなる現象が起こり、胃腸の動きが弱くなってしまいます。
ストレスによる体調の変化はどうしても切り離すことができません。
特に人間関係のトラブルによるストレスは避けることができず、長年ストレスに悩む人も少なくはありません。
ストレスが溜まり続けると、疲労感はもちろん、下痢や便秘といった症状が現れ、ひどくなると重い病気に発展してしまいます。
また、ストレスの影響で血液が頭に集まると、体に栄養が上手く行き渡らなくなり、肌トラブルを起こし易くなります。
肌の栄養不足は肌の老化の原因となってしまい、にきびや肌荒れが起き易くなってしまいます。

手軽なストレス解消法はウォーキング

ウォーキングは誰もが自然に行っている運動と言えます。
人間である以上、普段何らかの事情で外へ出歩くことがあります。
そのときに体は動くことになるので、運動不足の解消に一歩近づきます。
体を動かすときには、セロトニンという物質が分泌され、ストレスを軽減することができます。
また、映画やドラマでよくある野原や海に向かって叫ぶ方法でストレスを発散できる人もいますが、実践するなら周りの迷惑にならない程度にしましょう。
一人カラオケもストレス発散に最適です。
コストに余裕があれば、一人で気が済むまで想いっきり歌ってみると良いでしょう。

香りで気持ちを落ち着かせる

花やハーブなどの香りをかぐと大脳の部分に刺激され、気分がよくなります。
例えば、女性に送るプレゼントの一例にアロマグッズがありますが、アロマグッズは疲れを癒すのに最適です。
良い香りをかぐということは、リラックス効果が期待できるということです。
つまり、リラックスできる香りをかぐと、ストレスを少し軽減することができるのです。

カフェインとたばこは逆効果

よく疲れたときにはコーヒーを飲むシチュエーションがありますが、あれはストレスには逆効果です。
カフェインやたばこには気持ちを興奮させてしまう成分があるため、ストレスを悪化させる恐れがあります。
しかし、我慢のしすぎもストレスの原因になるので、本当にストレスを解消したいならばほどほどにしましょう。